クリスマスの精神を忘れない

2017年12月22日掲載

祝日は多くの人にとって特別なものです。 Nuiは家族、友人、そして社会に寛容さと愛を届けます。 Nuiはハワイ語で「より良く」、「さらに大きく」、「もっと先へ」という意味があります。私たちは地域社会に貢献し、より良いサービスの提供と友好関係の強化に努めています。

 

Tabitha’s Wayへトイレットペーパーの寄付

私たちは12月からTabitha’s Wayと協力して慈善活動をはじめてきました。 Tabitha’s Wayは食料貯蔵倉庫を管理し食料品やその他の家庭用品を届けることで5,000人以上を援助する団体です。 それはとても素晴らしいことだと思いませんか?

 

トイレットペーパーを集め、寄付を行なうことはNui社員皆にとって素晴らしい経験となりました。 会社全体での寄付は約2,000ロールという信じられないほどの数にまで達しました!

 

「トイレットペーパーの仕分けがこれほどまでに楽しい活動だとはTabitha’s Wayで奉仕をするまで知りませんでした。 同僚と一緒に奉仕することができ、コミュニティの人々に喜びを分けることができたのは本当に素晴らしい機会でした」 – サポートチーム

 

舞台裏の奉仕

大量のトイレットペーパーを積んだ後、私たちはTabitha’s Wayの倉庫に行き、実践的な仕事をしました。トイレットペーパーの選別、おむつの袋詰め、棚の再補充、食料の袋詰めどいくつかのステーションに分かれ作業しました。

 

NUI従業員の中には食糧寄付に参加した学校へ行き、寄付品の回収を行った人もいました。私たちのWeb開発者の一人は、経験をこう分かち合ってくれました。

 

「Tabitha’s Wayで過ごした時間は、すべての寄付が人々に届くようにするためには継続的なボランティアが必要だと私に学ばせてくれました。寄付を集め、揃え、届けることがこんなに簡単だとは知りませんでした。私は地元の小学校から寄付を集めるのを手伝えたことに感謝しています。そこにいた子供達は、彼らが寄付したものを私たちがTabitha’s Wayに運ぶのを見て喜びを抑えきれない様子でした。寄付がどこへ行き、誰を助けるのかということについて彼らスタッフを呼び止めしきりに訊ねてきました。彼らは人助けの喜びを知ったのです。

 

この奉仕活動を振り返りTabitha’s Wayに参加することこそが今のNuiにとって地域社会に奉仕し、クリスマスの精神を得る最善の方法だったと感じました。関係者全員が見て感じた感謝と喜びは私たちを謙虚にしてくれ他のです。

私たちは、Tabitha’s Wayの素晴らしい活動を見て、参加することができたことに喜びを感じています。皆さまも自分の地域で奉仕をすることで素晴らしい経験を得ることができると知っています。

Comments are closed.

WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: