2018年はSMARTの法則で目標を立てよう!

1月11日2018年掲載

2018年はSMARTの法則で目標を立てよう!

新しい年は新しい期待と夢に満ちています。わたしたちの2018年の目標の一つ、それは更に前進することです。

今年達成したいことについて考えるならば、目標を高く持つことは重要なことです。しかし、より重要なのはそれをどのようにして達成させるかということです。

目標がお金を貯めることであれ、チーム構築を行うことであれ、幸せで充実した毎日を生きることであれ、「SMARTの法則」で目標を設定することで夢を現実にすることができます。

わたしたちNuiはSMARTな目標を設定することに励んでいます。そして、皆さんにもSMARTな目標を立てることについてお伝えできればと思っています。

目標に関する統計

83%の人が目標を持っていないという統計を聞いたことがありますか?つまり、実際に具体的な目標を持っている人はたったの14%だということになります。加え、目標を書き出している人は3%にも満たないのです。目標設定と計画に常に取り組んでいるという人も、目標を立てるのが苦手だという人も、この統計結果を見れば目標を立てることに関しての考え方が変わることでしょう。

  1. 目標を立てる人は立てない人よりも10倍成功しやすい。
  2. 目標を立て、それを書き出す人は、ただ単に目標を立てる人よりも更に3倍成功しやすい。

つまり、目標を定め、それを書き出すことで30倍成功しやすくなるということになります。

では、SMARTの法則とは何だろう?

SMARTの法則を使って目標を定めると、目標自体だけでなく、目標を実現させるためのステップを定めることができます。一定の基準に当てはまる目標を定めるというのがSMARTの法則の鍵です。目標を定めるときに以下の内容を自問してみてください。

具体的だろうか?計測可能だろうか?実現可能だろうか?自分の現状に当てはまる内容だろうか?期限が明確だろうか?

SmartGoalsedit-236x300

SMARTの法則に従って目標を立てる

今年はより大きな報酬を得ることを望み、年始めにより大きなチームを構築しようと決めて、次のような目標を定めたとします。

一般的な目標:チームを構築し、より大きな報酬を得るぞ!

目標を定めることは重要ですが、これではあまりにも漠然としすぎています。期限もなければ成功を測る基準もなく、実現可能なのかも明確ではありません。

では、SMARTの法則を利用して目標を考え直してみましょう。

S -Specific(具体的)ダウンライン(TBS内)に10人の会員を増やすことで今年より大きな報酬を得る。

 

M-Measurable(計測可能)毎週月曜に何人加入したかバックオフィスで確認する。

 

A-Attainable(実現可能)一月と二月に20人の人に話しかけ、Nuiパワーポイントを見てもらう。興味を持っている人にはNui登録ページのリンクを送り、一週間に一度更なる情報が必要かどうか確認する。

 

R-Relevant(現状に当てはまる)2018年に更なる報酬を得るための鍵はダウンラインに新しい会員を増やすことである。

 

T-Timely(期限が明確である)3月1日までに新しい会員を増やす。

 

SMARTの法則を利用した目標:Nui パワーポイントやCOREの始め方についての記事をシェアし、シェアした人と頻繁に連絡を取ることで新会員を10人増やす。そうすることで年の始めからチームを構築させておき、年内を通して報酬を蓄積させることができる。

 

目標を立てる!

今行う決断がこの一年どのような年になるのかを左右します。目標を定め、書き出し、成功の可能性を広げましょう!

 

SMARTの法則を使い2018年、更に前進しましょう!

 

SMARTの法則についてもっと知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

 

Comments are closed.

WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: